2014年5月7日発売

1st mini album

「港湾都市」

​1,500円+税

1.introduction

2.港湾都市

3.幸せな予感

4.朝の恋人

5.青島にて

6.Morning moon

Amazon.png

シティポップス再評価全盛の今こそ聴くべきスタンダードミュージックが登場!!!

山下達郎、TIN PAN ALLEY、そして大瀧詠一。

彼らが70,80年代に生んだ音楽は今も鼓動を続けている。

今作はそういった懐かしい雰囲気を漂わせながらも、新しい鼓動を感じさせる作品となっている。

山に生まれ、都市と生きている彼等の世界観は、どこか楽観的で、虚無的で、それでいて力強い。

アルバム全体を通せばシティポップスという言葉があてはまるが、一つ一つの曲にメンバー3人の

音楽的要素が入っている。恋人の死を歌った「朝の恋人」などは、ボサノバ調の小気味良いリズムに、

潸々とした歌詞で構成されており、異世界に入ってしまうような感覚を覚える。

その他楽曲もニューウェーブの良さを取り入れながら、現代に生きる者としてシンプルに、

誠実に仕上がっており、聴き手を飽きさせない。

山で生まれた音は、悠々と海原へ流れる。この港湾都市を通って。

©2020 Four o'clocks All rights reserved